MaXtream Logo      
 Home About us Shopping   Flies  Products  Service Media   Footage  Link Contact  
Home > Products > Fly tying vises > Dyna-King > Accessories > Here




         
 
Dyna-King
Forcing Cone
for Professional, Supreme

ダイナキング

フォーシング・コーン
プロフェッショナル、シュープリーム用

¥3,000
  For Pedestal or Clamp  
         
  Forcing Cone is a threaded adjustment metal cap over the jaw.

"My Dyna-King vise jaws got stuck and won't open." We hear this from time to time.

Instruction manuals which come with Dyna-King vises tell users never to dial Forcing Cone, when jaw is closed. In Japan most retailers don't explain because it is written in English. Users in trouble reach us, saying, "I ended up with you after the internet researches."

First off, never turn Forcing Cone, when cam lever is locked.

If you should turn the Cone, inside cone can be damaged and it makes jaw open and close clumsily. Jaw may hesitate to open, when you open the cam lever first. In a serious case, your jaw won't open. This is out of order. It is the best way to send your vise to Dyna-King , inc. for repair but it costs a lot from Japan. Exchanging Forcing Cone can fix the problem in many cases.

So far we hear from many users in trouble and all the cases were solved by the Cone exchange.

You might want to use a new cone, if you feel movement of your jaw is not as smooth as when brand new.

Caution
All cases were solved till this day but there may be another cause. When exchange doesn't work on your case, we don't accept return or refund. Your jaw might have some damage or distorted, which can damage a brand new Forcing Cone. Therefore we cannot resell the Cone which has been tried and returned.
Some very old vises might come with the Forcing Cone which look different from the latest model. But thread pattern and diameter are the same so it should fit your vise.


Forcing Cone come in 2 sizes. Jaw has 3 sizes but only 2 Cones cover all vises.

For Pro, Sup
Professional, Supreme

For Pr, Ar, Vy, Sq
Prince, Aristocrat, Voyager, Squire, Kingfisher, Rotary vises.

Please contact us, if you are not sure what model you have.


   「ダイナキングのバイスのジョーが、閉じたまま開かなくなった」。しばしばお問い合わせいただく事象です。

 ダイナキング・バイスのマニュアルには「レバーを閉じた状態ではコーン(ギザギザの調節ネジ)を回さないでください。」という注意書きがあります。日本国内ではこれをよく案内されていないお店が多いようです。お困りのユーザーの方から、「ネットで検索してたどり着きました」とよく言われます。

 まず大前提として、ジョーが閉まった状態で絶対にコーンを回さないでください。

 回してしまうと、コーンとジョーが擦れて傷、溝が入ります。これが軽傷ですと、ジョーの開閉のスムーズさが無くなってきます。ジョーを解放した時に躊躇うように開くような感じになってきます。重症になりますと、レバーを開いてもジョーが貝のごとく閉じたままになります。これは故障です。メーカーにバイス本体を送付して修理することが完璧ですが、コーンを新品に替えるだけで全快するケースもまた多く見られます。

 コーンの内側に傷がついている訳ですから、無傷の新品コーンを被せてやれば良いのです。過去この事象で多くのお問い合わせをいただきましたが、今のところ全てのケースでコーン交換によって治りました。

 開閉に問題がないまでも、少し調子が悪い方は、新品のコーンに交換されることをお勧めします。

 
多くの方が「ダメ元で交換してみます。これでダメなら諦めます」と仰りながら、過去すべて解決してきました。しかしながら、原因は他にある可能性があり、コーンの交換は万能ではありません。仮に改善しない場合でも返品は受けられませんので、買い取りの形になります。すでに異常を持ったバイスですので、ジョーにも傷、摩耗、変形の可能性が高いです。そのジョーとすり合わせた場合、新品のコーンさえも変形する可能性があるからです。この点はくれぐれもご了承の上、お試してください。
 未開封の新品のみ販売しています。これで改善しない場合は、更に重症か他に原因があるということになります。修理に出される場合は、対応いたします。出来るだけ身軽にして重量を減らし、ダイナキング社で修理してもらうことになりますが、往復の送料等含め、結構な金額を見る必要があります。
 また、古い機種ですと現行のコーンと微妙に見た目の違うものが使われていることがあります。実際過去一件、お客様にお送りしたコーンが元々使われていたものとやや違う形状でした。しかしながら、ダイナキング社は「創業以来、2種類のコーンの規格しか製造してない。現行が使用可能」と言っています。形状が微妙に違っても、働きは一緒です。


 ダイナキングのコーンのサイズが二つしかありません。ジョーは基本的に3種類の長さがありますが、コーンは二つでカバーしています。

For Pro, Sup
Professional, Supreme

For Pr, Ar, Vy, Sq
Prince, Aristocrat, Voyager, Squire, Kingfisher, Rotary vises.

お使いの機種が分からない場合、お問い合わせください。画像をお送りください。
 



 Home About us Shopping   Flies  Products  Service Media   Footage  Link Contact  





Please read  / 必ずお読みください

(c) copyright MaXtream Fly Studio, All rights reserved, Masa Araki , Japan